インパクトのあるメッセージで想いを伝える_ARメッセージ

android app download

ios app download

ARムーブキャッチ

facebook

ビジネスシーンで活躍するAR事例


最近「AR」ってよく聞くけど、あれってゲームでしょ?ビジネスシーンで使えないでしょ。と思っているそこのあなた!ビジネスシーンだからこそ、AR技術と様々なアイディアの融合で無限の可能性を作り出すことが出来るのです。
ここでは、ビジネスシーンで活躍している「配布資料」「広告」「商品」それぞれのAR活用事例をご紹介します。
あなたのビジネスシーンにもAR技術が活躍できる場があるかもしれません。

 

配布資料にARを使ってナットク資料

企業のセミナーにおいて出席者へ配布する資料に全ての情報を組み込む事は、
紙面の都合上なかなか難しいものです。
どんなに言葉で補足しても時間がたてば忘れてしまいます。
そんな時足りない部分はARで補足しましょう!
 
資料に描ききれなかった、表やグラフ、資料動画ですら簡単にリンクすることができるので、
印象深い充実した内容の資料が出来上がります。

 

こんなビジネスにおすすめ『ARマーカー』です!

  • ・分かりにくい説明を直感的に分かるようにしたい。

  • ・見返しても資料にのるグラフなどを常に最新にしておきたい。

  • ・印象深い資料を作りたい。

 

マンションの新しい魅せ方

新聞折り込みに入っているマンションチラシ、どんなに良い物件でも平面の写真だけではその良さはなかなか伝わりません。
しかし、マンションチラシにARマーカーを貼付ければチラシを手にした方がスマートフォンやタブレットをかざすだけで、
マンションのどんなに細かい部分でも伝わる事が出来るのです。
さらに、3D技術を使う事により、間取りやインテリアなど実際の物件並の臨場感を与える事も可能です。
タブレット内に広がるジオラマの世界で、生活に欠かせない学校や病院、スーパー、駅など周辺ローケーションも
確認することだって可能になります。
 
小さい子供がいるから病院はそばにあるかしら?あと毎日欠かせないスーパーは…この距離なら歩いて行けるわね。
通勤するには駅まで自転車が必要になりそうだなぁ。

 

こんなビジネスにおすすめ『ARマーカー』です!

  • ・地域活性化になる商材を探している。

  • ・他では真似できないアプローチを考えている。

  • ・印象深い資料を作りたい。

 

ラベルから見える商品

商品は手にとって細かい部分もじっくり見て良い物を選びたい。
そう考えているお客さまは少なくありません。
それが高価な商品であるほど、なかなか手にとってじっくり見てもらうことは難しいもの。
そんな時、箱の外面にARマーカーを貼っていれば、お客さま自身で商品を確認することが可能です。
 
この○○のティーセット、前から欲しかったのよねー。このデザイン部分とかじっくり見たいけど…
このARマーカーにタブレットをかざしてみるの?どれどれ…
そこには3D技術を使ったティーセット、拡大もできて見たかった細かい部分も見れるじゃない!
やっぱり素敵だわ、このティーポット。迷ってたけど買うわ!
 
こうした今まで購入を諦めていたお客さまも、ARマーカーを貼るだけで納得して商品を購入していただけます。
商品の魅力も伝えることができ、商品の購入にも結びつけるARマーカーを是非導入しましょう。

 

こんなビジネスにおすすめ『ARマーカー』です!

  • ・いつも荷物の中身を確認できたら…と思っている。

  • ・ダンボールが多すぎて、どれに何が入っているのか分からない。

  • ・商品の魅力をもっと見てもらいたい。

  • ・安心して購入できるよう、一言メッセージをつけたい。

  • ・インパクトのある宣伝効果を生みたい。

  • ・商品の購入に結び付けたい

 

 

あてはまった人は、取りあえずクリック!!